カテゴリー別アーカイブ: 美容

アラサーになって出来始めた白ニキビ

アラサーになって出来始めた白ニキビ
私が若い頃は、ほとんどニキビが出来た体験は無く、ニキビケアとは無縁な生活を送っていました。
しかし20代後半になると、主に生理前の時期になると白いニキビが発生するようになりました。
発生する箇所は主に、顎、フェイスラインなど顔の下半分です。
白ニキビが初めて発生した時は、それがニキビだとは思わず、ただの肌荒れくらいにしか思っていませんでした。
すぐ治るだろう、と軽く見ていたので何もケアせずに放置していました。
しかし日に日にニキビが痛くなり、白さも増して大きくなっていくので「これは何の肌トラブルなの?」と気になり、調べた時に初めてこれが白ニキビだと知りました。
しかも私の顔に発生したニキビは「大人ニキビ」だと判明。
思春期ニキビの原因が過剰な皮脂分泌なのに対し、大人ニキビはストレス、乾燥、ホルモンバランスの乱れ等が原因になっていると知り、生理前に発生する理由が納得できました。
それ以降、白ニキビが発生した際には、ニキビを化膿させない為になるべく患部に触れないこと、枕カバーなど顔に触れる寝具の清潔を保つこと、リキッドファンデーションなど油性のコスメの使用を控えることに気をつけるようになりました。
以前はニキビを隠したくて、カバー力のあるリキッドファンデーションを塗っていましたが、油性のメイク品は毛穴を塞ぎやすいアイテムだと知り、ニキビがある時はパウダーファンデーションやフェイスパウダーを使うようになりました。
なるべく白ニキビが出来ないように、ストレスを溜めない、しっかり栄養と睡眠をとる等を日頃から気をつけて白ニキビを解消したいと思います。

前もって目元・口元にオイルの原液を使うクレンジング法

4私が普段使っているクレンジングは、スクワランのクレンジングやアルガンオイルのクレンジングなど、もっぱらオイルクレンジングを使用しています。

もともとのクレンジング自体にも、お肌の乾燥を感じさせないようにと、十分なオイルが含まれているのですが、それでもやはり、目元や口元などのお肌が特に薄くなっているところは、お肌に疲れが表れてくる時があります。そのような時は、クレンジングの前に、目元・口元にオイルの原液を先に付けてメイクを浮かせています。

スクワラン配合のクレンジングを使う時はスクワランオイルを、アルガンオイル配合のクレンジングを使う時はアルガンオイルを、先に付けるようにしております。

そうすることで、メイクを落とした後のお肌が、しっとりしているように感じております。

もともとオイルには、メイクを浮かす働きがありますので、それ自体クレンジングとしても使えるものですが、その後に通常のクレンジングを使うことで、メイクとしっかり乳化してきれいに落ちてくれますので、お肌上にメイク汚れなどが残ることなく、キレイに洗い流すことが出来るのです。

このクレンジングの方法はぜひおススメしたいのですが、普段からしっかりメイクをされている方などは、まずアイメイクなどを専用のメイクリムーバーで落とすことが大切です。今は、アイライナーなど、ウォータープルーフ機能だけでなくオイルプルーフ機能のものまでありますので、しっかりメイクの部分を前もって落としてから、このオイルクレンジングを行うと、お肌にとってよりいいのではないでしょうか。

ドライスキンについて

人はそれぞれ肌タイプが分かれます。

そのため、基礎化粧品売りがなどでは肌タイプ別の洗顔料、

化粧水や、乳液、美容液などが販売されているのを目にします。

でも、自分の肌タイプって何タイプなんだろうと、疑問を

持っている人もけっこう多いと思いますよ。

肌タイプを勘違いいて、間違った品物を購入するともったいないですし、

大人ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

そこで自分の肌をよく観察し、何タイプの肌なのか確かめてみましょう。

12ドライスキンの人の特徴は、毛穴が目立たない、キメが細かい、

夏でも乾燥が気になってしまうときがある、などがあげられます。

これを聞いただけですと、「え!きれいな肌でしょ?」思う人もいますが

、そうなんです。乾燥肌の人って意外にきれいなんです。

しかし、肌タイプの中で1番お金のかかる肌と言っても過言ではありません。

なぜならば、肌に必要なものがとても足りていないからです。

ドライスキンの人のいい点は先ほどの見た目がいいところですが、

逆に悪い点を上げるとシミが出来やすい、しわになりやすい、たるみやすい、

というところです。肌の潤いが足りないため、紫外線を吸収しやすく、

水分も蒸発しやすくなっています。また、弾力も少ないためたるみやすくしわに

なりやすいです。こう考えると、今はきれいなドライスキンの人でも

きちんとしたお手入れが必要なのだと解ります。

基本的には水分プラス油分を補ってあげる事で、潤った肌と保つことが

出来ますよ。

美容のために親子でジム通いしてます

4最近30代になってから始めたことといえばスポーツジム通いです。

美容について考えると、運動不足は避けたいものですし、何かケアをしないと体型が崩れ始める年齢でもあるので、ジムに通うようにしました。

スポーツジムと云えばマッチョマンが多く集ってそうな印象があり怖かったんですが、実際に通われているのはごく普通の方ばかりですし、50代以降の中高年な女性もたくさんいらっしゃいます。

実は私は母に誘われてスポーツジムに通いだしたのですが、最近は複数人で入会すると会費を割引してくれる制度があったり、紹介特典を貰えるスポーツジムなども多いので、家族や夫婦などでジムに一緒に通うという人は珍しくないようです。

スポーツジムで得られた美容効果といえば、やはりダイエット効果や汗を出せることによるデトックス効果、さらには身体を動かせる爽快感や楽しさによるストレス解消効果です。

普段はデスクワークばかりで身体が凝り固まりがちなんですが、スポーツジムでストレッチしたりヨガのレッスンへ参加してみたり、軽くエアロバイクを漕いだりして汗をかくと、むくみもすっきりしますし、身体の代謝も高まる気がします。

運動するとその分カロリーを消費できるので食べても太らない身体を手に入れられますし、筋肉を鍛えられるのでメリットあるボディ作りやたるみが目立たない若々しい体型維持にも効果的です。

最近のスポーツジムはサウナや温泉、さらには露天風呂が併設されていたりもします。

美容やダイエットのため、暇な時や食べ過ぎてしまった時などは、たとえ短時間でもスポーツジムを積極的に利用することにしてます。

コスパ抜群だと感じた美容法は脱毛です

主婦ということもあり、あまり高い基礎化粧品を使えなかったり、高価なエステ通いはしたくても難しい私ですが、今まで試した美容法の中でもコスパ抜群だと思ったものはエステサロンによる脱毛です。

15最近の脱毛サロンはよくテレビや電車広告などでも宣伝されてたり、初めての方向けにお得なキャンペーンがあったりと、美容にあまり投資できない人でも気軽に気取らず通える雰囲気のお店が多い気がします。

脱毛は痩身サロンやフェイシャル系エステなどと違い、高頻度に通わなくても、たった2ヶ月半程度に一度お店へ通うだけで効果を得られますし、来店するごとに無駄毛が生えてきにくい非常に快適で綺麗な肌に近づけるので安心です。

私はキャンペーンを活かして、二年近く安値で脇やVラインの脱毛をしてますが、かなり剛毛だったもともとの体質を忘れてしまうくらい無駄毛が皆無になりました。

時折、数本産毛が生えてきちゃうこともたまにはありますが、以前のように太くて芯がある毛質のムダ毛が生えてくることは皆無ですし、肌がとても綺麗になって毛穴も自然と小さく目立ちにくくなってくれました。

美容のことを考えると、肌のトーンダウンや手触り悪化につながってしまう無駄毛の存在は出来るだけ排除しておきたいものです。

自分で毛抜きを使ったりカミソリをずっと使い続けて処理を行い続ける手間や無駄な時間を考慮しても脱毛は本当に価値ある存在ですし、最近の脱毛サロンは価格競争もものすごく激化していて安値で脱毛できることも多いので、肌を綺麗にしたいなら脱毛はおすすめです。