アラサーになって出来始めた白ニキビ

アラサーになって出来始めた白ニキビ
私が若い頃は、ほとんどニキビが出来た体験は無く、ニキビケアとは無縁な生活を送っていました。
しかし20代後半になると、主に生理前の時期になると白いニキビが発生するようになりました。
発生する箇所は主に、顎、フェイスラインなど顔の下半分です。
白ニキビが初めて発生した時は、それがニキビだとは思わず、ただの肌荒れくらいにしか思っていませんでした。
すぐ治るだろう、と軽く見ていたので何もケアせずに放置していました。
しかし日に日にニキビが痛くなり、白さも増して大きくなっていくので「これは何の肌トラブルなの?」と気になり、調べた時に初めてこれが白ニキビだと知りました。
しかも私の顔に発生したニキビは「大人ニキビ」だと判明。
思春期ニキビの原因が過剰な皮脂分泌なのに対し、大人ニキビはストレス、乾燥、ホルモンバランスの乱れ等が原因になっていると知り、生理前に発生する理由が納得できました。
それ以降、白ニキビが発生した際には、ニキビを化膿させない為になるべく患部に触れないこと、枕カバーなど顔に触れる寝具の清潔を保つこと、リキッドファンデーションなど油性のコスメの使用を控えることに気をつけるようになりました。
以前はニキビを隠したくて、カバー力のあるリキッドファンデーションを塗っていましたが、油性のメイク品は毛穴を塞ぎやすいアイテムだと知り、ニキビがある時はパウダーファンデーションやフェイスパウダーを使うようになりました。
なるべく白ニキビが出来ないように、ストレスを溜めない、しっかり栄養と睡眠をとる等を日頃から気をつけて白ニキビを解消したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です